Deep Percept

AI技術を活用し、顧客接点業務を高度化する
オムニチャネルAIソリューション。

顧客接点業務をAI技術が自動化・高度化・最適化。
業務にあわせたオムニチャネルソリューションを実現。

Deep Percept for
Communication Automationとは?

Deep Percept for Communication Automationは、コンタクトセンター・窓口・Web・営業など、様々な場面で活用できるオムニチャネルAIソリューションです。用途にあわせて複数のAIソリューションを活用可能。AIモデルだけでなく、ルールベースのモデルなども活用することができます。

Deep Percept for
Communication Automation

  • パーソナライゼーション
    パーソナライ
    ゼーション
  • スクリプト表示
    スクリプト表示
  • 応対内容解析
    応対内容解析
  • プロフィール分析
    プロフィール分析

オムニチャネル対応

  • 窓口販売
    窓口販売
  • HP・マイページ
    HP・マイページ
  • コールセンター
    コールセンター

複数の顧客接点チャネルからデータを集積し、AIによる分析を実施。分析結果を複数のチャネルに配信することで、真のオムニチャネル化を実現します。

Deep Percept for CA

FAQサイトFAQサイト

よくある質問の
順序の入れ替え

直近で増えた
お問い合わせの種類

オペレーターオペレーター

スクリプトの最適化

応対履歴データ

営業職員営業職員

マニュアルの連携

営業日報

HPHP

お問合せの内容に
合わせた
ポップアップの表示

Webアクセスログ

Deep Percept for
Communication Automation
で実現できること

顧客属性・プロフィール推定

顧客属性・
プロフィール推定

監査対応(応対内容分析)

監査対応
(応対内容分析)

マニュアルの電子化

マニュアルの電子化

属人化したタスクの解消

属人化した
タスクの解消

キャッチアップの短期化

キャッチアップの
短期化

不要な問い合わせの削減(入電阻止)

不要な問い合わせの
削減(入電阻止)

アフターコールワークの削減

アフターコールワーク
の削減

スクリプト変更をスピーディに実現

スクリプト変更を
スピーディに実現

作業品質・速度の向上

作業品質・速度の向上

ナレッジの蓄積・共有・再利用

ナレッジの蓄積・
共有・再利用

Deep Percept for
Communication Automationの特徴

顧客接点シーンに合わせた、オムニチャネル対応を実現します。最適なトークスクリプトの表示やパーソナライズドマーケティング、応対内容の解析等、多様なAIソリューションの活用が可能。データサイエンティストによるデータ分析やモデルカスタマイズ、機械学習サポートも提供可能です。

オムニチャネル化を実現する統合顧客サポート基盤

  • Webページ・対面営業・代理店・コールセンター等、多数のチャネルに展開可能。
  • 各チャネルで収集した顧客情報・応対履歴を統合・解析することで、真のオムニチャネル化を実現。
Deep Percept for CAを利用してオムニチャネル化が可能

顧客接点シーンに応じた多数のソリューション

  • パーソナライズドマーケティング

    パーソナライズド
    マーケティング
    顧客情報や入力情報をもとに、最適な商品をレコメンド。

  • スクリプト表示

    スクリプト表示問合せ内容・顧客属性によって、トークスクリプトが動的に変化。

  • 応対内容解析

    応対内容解析不正な商品勧誘・情報漏えい等の検出。

AIベース・ルールベースのハイブリッド活用

  • AIベースのみならず、事前に定義したルールベースでのアルゴリズムも活用可能。
  • ルールベースのみのクイック導入も可能。
AIベース・ルールベース両方のアルゴリズムが活用可能

ノンプログラミングでのルールメンテナンス

  • 完全ノンプログラミングでルールのメンテナンスを実現。ドラッグ&ドロップ等の直観的な操作のみで完結。
  • 複数チャネルのルールを一括で作成/更新可能。
プログラミング不要なルール設定でPC,SPのメンテナンスが可能

ユースケース

FAQシステム・スクリプトシステム・営業支援システムの高度化

FAQシステム・スクリプトシステム・営業支援システムの高度化

コールセンターでの問い合わせ履歴データ、ホームページ等のWEBアクセスログ、営業職員の応対履歴データ等、複数のチャネルからのデータを収集。問い合わせが多い事項を抽出し、オムニチャネルプラットフォームであるDeep Percept for Communication Automationから各チャネルにデータを配信します。

Deep Percept for CADeep Percept for AI-Ready
商品レコメンドシステム

商品レコメンドシステム

自社にある購買情報・顧客情報・商品情報・応対履歴情報等のデータを分析し、顧客ごとに最適と思われる商品のレコメンド(パーソナライズドマーケティング)を実現します。金融商品であれば、商品のレコメンドのみならず、資産運用のシミュレーション等の後続システムも含めたサービスの提供が可能です。

Deep Percept for CADeep Percept for AI-Ready
コールセンターのオペレータ向けシステム

コールセンターのオペレータ向けシステム

問合せ内容に応じて、最適化されたトークスクリプトをオペレータ用画面に表示します。基幹システムから顧客情報をDeep Percept for Communication Automationに連携することで、さらに応対品質を向上することも可能です。オペレータは画面に表示されるスクリプトに沿って対応するだけ。応対履歴もシステムに自動連携が可能。システムと連携するインターフェースもあわせて提供します。
*大手保険会社様/大手流通系企業様に導入済み

Deep Percept for CA

Deep Percept for
Communication Automation

PAGE TOP