Deep Percept

AIで日本のビジネスにブレイクスルーを

scroll

私たちの思い

金融領域での実績をバックグラウンドに。

Deep Percept(ディープパーセプト)は、DX時代の真のテクノロジーパートナーを目指すシンプレクスグループの一員です。中核企業であるシンプレクスは長きにわたって金融機関のITコンサルティングを担ってきました。レスポンス・スピードや万一さえ許さない堅牢性を担保したシステムの構築およびその運用ノウハウ、さらに金融領域の法律や業務プロセス、商習慣に対する深い理解は、シンプレクスグループの大きな財産です。Deep Perceptは金融領域で培った技術力、そしてAI、この二つのスペシャリティの出会いからスタートしています。

DeepPerceptが実現すること。

AI導入に関する課題は、検討の進展具合や組織内の理解度などによって多種多様です。例えばAIを活用したいが何から始めるべきかわからないというスタート段階。これには戦略の策定や導入プロセスの詳細化など、上流からのコンサルティングが重要です。次に導入は決まったが、社内にデータが散在しており、それらをAIソリューションに連携するためのデータ基盤がないという段階。これはデータのギャザリング、データを統合するためのプラットフォームの構築が必要です。さらにAIをビジネスに実装する段階。このステージでは、事業への理解とAIの実装経験が不可欠です。これらすべてのニーズに応えられるのがDeep Perceptです。Deep Perceptの社名はdeep:深い、percept:認知、という二つの言葉から成り、蓄積してきた知見や経験をベースにして、様々な領域のニーズに応えるAIソリューションを開発するという、私たちの志を表現したものです。知見とノウハウ、そして人的アセットをもって、AI導入に関する課題もろとも解決し、ビジネスを成功に導くAIソリューションを開発します。

シンプレクスグループの強みである卓越したITコンサルティングと、最先端のAIをビジネスに実装する能力の乗算によって、Deep Perceptは日本のビジネスにブレイクスルーを実現します。

会社情報

会社名 Deep Percept株式会社
英文社名 Deep Percept Inc.
事業内容
  1. AIアルゴリズム設計業務
  2. AIプロダクト開発業務
  3. AIシステム開発業務
取締役
  • 代表取締役会長兼社長
    金子 英樹
  • 取締役
    早田 政孝
  • 取締役
    山本 元
監査役 小寺 健治
設立年月日 2019年3月11日
所在地
本店(登記)
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号

虎ノ門オフィス
〒105-6319
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー19階
TEL:03-3539-7370(代表)
Google Mapで見る

麻布台オフィス
〒106-0041
東京都港区麻布台1丁目3-1 麻布台ヒルズ 森JPタワー18階
TEL:03-3539-7370(代表)
Google Mapで見る
資本金 2億円
出資比率 シンプレクス・ホールディングス株式会社 100%

グループ紹介

グループのシナジーでビジネスを加速させる

Deep Perceptは、DX時代の真のテクノロジーパートナーを目指すシンプレクスグループの一員です。 グループがワンチームとなって、クライアントのビジネスに貢献しています。

シンプレクス・ホールディングス
シンプレクス・ホールディングス

Simplex Inc

シンプレクスは1997年の創業以来、メガバンクや大手総合証券を筆頭に、日本を代表する金融機関の収益業務を支援するフィンテック・ソリューションを提供しています。
最先端の金融工学をキャッチアップしたクオンツ部隊や、アルゴリズム開発に長けたフィナンシャルエンジニア陣を擁し、コンサルティングからシステム開発、保守・運用に至るまで、金融機関の収益最大化を一気通貫で支援しています。

Xspear Consulting

Xspear Consulting(クロスピア コンサルティング)株式会社は、大手コンサルティングファームや有名テックベンチャー出身者、テクノロジーに造詣が深いシンプレクスのエンジニアによって、2021年に創設された総合コンサルティングファームです。
20年以上にわたって金融業界を中心に最先端テクノロジーを提供してきたシンプレクス株式会社のノウハウを活かし、DXに取り組むあらゆる業種・業界を対象として、戦略策定、組織改革、人材育成、業務改善、実行支援などのコンサルティングサービスを提供しています。

PAGE TOP