Deep Percept

リモートワーク/在宅コンタクトセンター業務における
不正検知AIソリューション。

「With コロナ」時代の情報漏洩対策。
リモートワーク中の盗撮、なりすまし、覗き見から企業の情報を守ります。

Deep Percept
for remote work (特許出願中)とは?

コロナ禍によりリモートワークが推進され、新たな働き方として定着し始めた一方で、情報漏洩リスクの懸念や新たなビジネスプロセスの構築が求められています。従業員によるスマートフォン等での業務画面の撮影や、従業員以外の第三者の閲覧による情報流出等、これらの行為への対策は現時点では明確な手段がなく、信頼できる一部ベテランオペレーターのみが在宅勤務を行っている状況です。

Deep Percept for remote workは、AIを活用した独自のモーション分析技術により従業員のプライバシーを保護しながらも不正を検知し、安全なリモートワーク環境を実現します。

Deep Percept for remote workの特徴

WEBカメラから得られる情報をAIが分析、情報漏洩を未然に検知

本人確認

本人確認

PCの利用者が事前に登録した人物であることを確認

第三者検知

第三者検知

PCの利用者が登録した人物でないことを検知

盗撮検知

盗撮検知

付近のスマートフォン・カメラの撮影行為を検知

覗き見検知

覗き見検知

許可された人物以外(第三者)の映り込みから覗き見を検知

検知した不正行為を即座にブロック

スマートフォン・カメラ等で撮影する動作と判断した場合、スクリーンフィルター等を発動させコンテンツを非表示にし撮影からガード

「第三者の利用」、「本人の近くに第三者が存在する利用」と判断した場合、スクリーンフィルターを発動させコンテンツを非表示

検知時の周囲の状況を撮影し、画像を暗号化し管理システムに画像を通知

検知時に画面に表示しているコンテンツをスクリーンキャプチャし、画像を暗号化し管理システムに通知

従業員のプライバシー保護、検知時の警告・停止などの挙動を細かく設定可能

ソリューション全体図

ソリューション全体図
  • VDIやSBC等の業務PCがある場合には、ノートPCではなく業務PCにインストール
  • ノートPC(FAT端末)にてそのまま業務利用する場合には、ノートPCにインストール
  • バージョンコントロールはMSIインストーラーを利用し、サイレントインストールを実施

実証実験 開始

Deep Percept for remote work

PAGE TOP