Deep Percept

手書き文字や非定型帳票にも対応。
基幹システムとの連携も可能な
文字認識ソリューション。

活字も、手書きも、非定型帳票も。
AIにより読み取り精度の継続的な向上を実現。

AI-OCRとは?

Deep Percept for AI-OCR 使用イメージ
あらゆるフォーマットに対応

あらゆる
フォーマットに対応

AI-OCRの概要と導入メリット

OCR(Optical character recognition:光学文字認識)は、紙に記された文字をイメージスキャナなどで読み取り、コンピュータが利用できるデジタルデータに変換する技術。AI-OCRは、AI・人工知能による画像解析を活用することで幅広い帳票フォーマットへの対応と学習による継続的な読み取り精度の向上を可能にします。

業務量の大幅削減

システムへの入力作業が不要になり、業務負荷と人的コストの大幅な削減を実現。

継続的に読み取り精度が向上

AI・人工知能の学習により正読率が向上。使えば使うほど効果が増大。

デジタルデータの活用

紙文書をデジタル化することで、文書検索・データの有効活用・RPAツールとの連携が可能。

メリット

  • 手書き文字・非定型帳票にも対応

    手書き文字・
    非定型帳票にも対応

  • 入力業務の大幅な削減

    入力業務の大幅な削減

  • 人的コストの削減

    人的コストの削減

Deep Percept for AI-OCRの特徴

非定型帳票にも対応

非定型帳票にも対応

定型フォーマットの帳票のみならず、様々な非定型帳票も読み取り可能。

活字・手書きに対応

活字・手書きに対応

活字に留まらず、手書き文字にも対応。文字種も幅広くサポート。

継続的に精度が向上

継続的に精度が向上

AIの学習環境もあわせて提供。読み取り精度の向上を実現。

画面上で簡単補正

画面上で簡単補正

読取内容の確認・修正画面もセットで提供。当社提供のイメージワークフローシステム“Deep Percept for IWF”とあわせて、後続業務も含めた業務全般をカバーすることも可能。

システム連携も、RPAも

システム連携も、
RPAも

周辺システムとの接続はもちろん、RPAツールも提供可能。お客様のニーズにあったトータルな支援を提供。

ユースケース

画像の読み取りイメージ

口座振替依頼書の読み取り

口座振替依頼書(非定型帳票)を読み取り、後続の基幹システムに連携。

納品書・検収書・請求書等の読み取り

商社・卸売・小売・流通系企業における非定型帳票を読み取り、後続のリコンサイルを効率化。

保険会社における申込書類の読み取り

新契約の申込書類の読み取りはもちろんのこと、各種保全・支払業務に必要な非定型帳票の読み取りも可能。

銀行の口座開設業務

申込書類・本人確認書類を読み取ることでスピーディーな手続きを実現。
Deep Percept for IWFと連携し、業務の入口からトータルにシステム化を支援。

実績

  • 大手銀行A社:口座振替依頼書のAI-OCR
  • 大手保険会社B社:保険契約の申込書のAI-OCR
  • 大手保険会社C社:診療明細書のAI-OCR 等

※PoC(概念実証)中の案件を含む

PAGE TOP