Deep Percept

NEWS

19.09.17

外為どっとコム向け「eKYCソリューション」の導入決定

~AI技術により本人確認書類の活字読み取りや顔画像の照合を実現~
~口座開設フローでの離脱を防ぐ、WEBブラウザにおける本人確認機能を提供~

株式会社外為どっとコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内淳、以下:外為どっとコム)の口座開設時の本人確認業務において、本人確認プラットフォーム「Deep Percept for eKYC(ディープパーセプト・フォー・イーケイワイシー)」が採用されたことをお知らせします。

導入背景

外為どっとコムでは、口座開設における顧客の利便性向上と業務効率化を目的として、オンラインによる本人確認方法 (e-Know Your Customer)の導入を決定しました。導入にあたり、シンプレクスが外為どっとコムに提供しているバイナリーオプション取引システムやその運用実績、およびDeep Perceptの技術力が評価され、本人確認プラットフォーム「Deep Percept for eKYC」が採用されました。

特長

「Deep Percept for eKYC」の主な特長は以下の通りです。

(1) AI技術の活用
AI技術を用いることで、本人確認書類の顔写真と本人の画像データとの照合や、AI-OCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)による本人確認書類情報の読み取り、および顧客エントリー情報との照合を実現します。また、Deep Learningにより継続的な読み取り精度の向上が見込めます。

(2)WEBブラウザでの機能提供
顧客の利便性を向上し、口座開設フローでの離脱を防ぐため、WEBブラウザでの本人確認機能を提供します。また、本機能は作業効率化につながりコストダウンを実現します。

「Deep Percept for eKYC」の活用方法について

「Deep Percept for eKYC」の技術は、口座開設のみに活用されるものではなく、FATF(Financial Action Task Force:金融活動作業部会)より金融業界に求められている適切な低減措置、いわゆるリスクベースアプローチにも適用可能です。

シンプレクスグループは「Deep Percept for eKYC」を活用し、法令・規制等への対応やBPRコンサルティングなどのサービスを提供します。また、金融機関に加えて、様々な業界における本人確認業務の効率化に貢献してまいります。

PAGE TOP